straight body

フィギュアスケートに特化したトレーニング(ジャンプ力強化等)なら
ストレートボディにおまかせください(対応地域:東京、名古屋)

contact フィギュア専門トレーナー養成講座

ブログ

トップ選手になる方法

ブログの文章で書くよりYouTubeで話した方が細かいニュアンスなど伝わりやすいかな?と思ってブログの更新が滞っていました。

文章だけですと読み手のその時の調子や状態によってもキツく受け止めてしまったりするので、動画の方がいいのかなと思いつつ、仕事が終わってから撮影して編集となると、なかなか更新できないので、余裕がない時はブログで少しづつ綴っていきたいと思います。

今日は目標設定について書きたいと思います。

目標を決めて逆算してから行動しよう!とよく生徒に話すのですが「私なんて自分の立ち位置や実力は分かっていますから今更全日本に出たいなんて思わないですよ」と言う子もいたり、「今度のブロック大会は◯◯ちゃんと◯◯ちゃんと◯◯ちゃんがいるから、その子達には勝てないから4番目になんとか入って全日本ノービスに行きたいな」など、自分自身で制限してしまう子もいます。

「そんなの結果なんて分からないし、その上手な子達がみんな試合でめちゃくちゃ転んであなたがノーミスだったら優勝もあり得るんだから、比べるのは他人じゃなくて昨日の自分だから、周りがどうとか、今の自分の実力がどうとかではなく、そういうのナシにして、あなたがどうなりたいか?それが本当の目標設定だよ」と話すと「・・・・?」ポカーンとする子が多いです。

優勝するのは特別な事でもなんでもないし、やるべき事をやってしっかり努力すれば誰にでも可能性はある。
現に全日本選手権だって連覇はあるものの毎年優勝者が変わったりしますし、何が起こるか分かりません。

自動車の運転免許は教習所にさえ行けばほぼ全員が免許を取得できますよね?
「もしかしたら私だけ免許が取れないかもしれない」なんて思いながら通ってる人はいないでしょうし、みんな教習所を卒業したら試験をパスして免許を取得できますよね?1回目で不合格でも受け直して合格してる人が9割以上ではないでしょうか?
みんな教習所へ行けば必ず免許は取れる!と信じて疑わないで行きますよね?

考え方はそれと同じにすれば良いのです。
「いやいや、スポーツと教習所を一緒にしてもらったら困るよ」と言われるかもしれませんが、考え方としては全日本ノービスや全日本ジュニア、全日本選手権に出るのは当たり前と思ってる子は全日本で優勝を目指しています。
当たり前に思うだけでは出れませんが、教習所と同じように合格までのカリキュラムがあるように、やるべき事(練習、トレーニング、セルフケア)をしっかりとやって、努力すればそんなに難しいものではないと思います。
難しくしているのは自分です。
だから私はどの生徒に対しても全日本へ行けると話しますし、オリンピックや世界選手権だって行くつもりで話したりします。
自分事と捉えるか、他人事と捉えるかは本人次第ですが、全日本へ行くことは当たり前、日本代表になるのは当たり前と思いながらやるべき事を努力し続けられたら、結果は勝手についてきます。

結果が出だすと本人も自覚が出てきます。
そこまで行くのが難しいのですが、まずはマインドを変えて努力して取り組む事が大切です。

周りの方には謙遜して「いえいえ、うちなんて、、、」っておっしゃるのは仕方ないと思います(嫉妬の世界でもあるので)
ですが、親御さんがまずお子さんを心から信じて、全日本へ行くのは当たり前で、その素質はあなたにはあると信じて行動しなければ、お子さんが自信を持つことは難しいと思います。

どうせ無理だ!と思いながら悲観的に毎日練習に取り組むのは伸びるものも伸びません。
まずは考え方を変えてみましょう。

①目標設定は今の環境、実力は関係なく望むもので設定する

②それが当たり前にできると信じて努力する。

ちなみに、、、努力を間違えている方も多いのですが、リンクに長時間いてもジャンプを跳ぶ回数が少ない子は伸びませんし上手になりません。
早く成功したかったら沢山の失敗を経験する事です。
沢山転んで、沢山恥をかいて、沢山練習した子は早く跳べるようになります。
いかにミスを少なくするのか?効率ばかり考えている子はいつまで経っても上達しません。
時間ではなく跳んだ回数が大切です。

トレーニングでは沢山挑戦して、沢山練習しても耐えられる身体づくりをしています。
トレーニングをしているから急にジャンプが跳べるようになるからスケートの練習量を増やさなくても大丈夫とは思わないで下さい。

トップ選手は誰よりも練習していますし、誰よりも失敗を重ねています。

楽して、要領よくなんて事はありません。
沢山失敗しまくった子が少しづつコツを掴んで要領よくなっていくのであって、最初から失敗せずに要領よくなる事はありません。

だから頑張るしかないのです。
そこまでして頑張りたくなければ頑張らなくて良いと思います。

【楽して結果を出したい】これができたら1番ですが、私が今まで見てきた子達で結果を出している子は誰よりも努力しています。これが現実です。

そこまでして手に入れたい結果なら頑張って練習して下さい。
そこまでしてまではいいやと思ったら、無理しないで下さい。

目標設定とそれに見合う努力ができるかどうかで結果が変わります。
でも、トップ選手になる事は特別な事、特別に生まれながらに選ばれた子ではなく、誰よりも泥くさい努力をしている子です。

ただそれだけの違いです。

Category

Archive

出張運動指導についてのご質問・ご相談など
お気軽にお問い合わせください お問い合わせ
Back top contact

Copyright © StraightBody All rights reserved.