straight body

フィギュアスケートに特化したトレーニング(ジャンプ力強化等)なら
ストレートボディにおまかせください(対応地域:東京、名古屋)

contact フィギュア専門トレーナー養成講座

ブログ

トレーニングに対しての考え方

ボディビルダーの方やボディメイクを専門にしている方の筋トレはどこの筋肉に効かせるか?というのはとても大切ですが、アスリートのスポーツのパフォーマンスアップに関して言えば、この筋肉の単体に効かせる!という考え方はナンセンスです。(リハビリは別)

この話は度々ブログにも書いてますよね。

ボディビルダーの方が4回転跳べるわけではないですよね?と、かなり極端ですが例え話でよく使います。

この筋肉に効かせる、意識させるというのはボディメイクではないので、フィギュアスケーターのジャンプ力、回転力アップに関して意識しなければならない事、もっと重要な要素が沢山あります。

なぜかというのはフィギュアスケート専門パーソナルトレーナー養成講座の初級でトレーニング要素についてお話させて頂いております。

トレーニング要素の話を聞いた受講生の方は「なるほど!そういう意味だったのか!」と納得して頂けます。

本当に有益な情報はインターネットで検索しても出てこないので、私はお金を払って情報は得るようにしています。

ジャンプ力を上げるテクニックや知識もただぴょんぴょん跳んでれば身に付く訳でもなく、逆に足腰に負担をかけるだけです。

回転力もただグルグル回しても回転力はつきません。回転を速くするためにどういうトレーニングが必要かも知らない人がハーネスでグルグル毎日回っていても4回転は跳べません。

そして私もお金を払って得た有益な情報は養成講座で有料で来ていただいた方にお伝えしているようにしています。

そこでケチだと思われる方は無料で得られる情報だけで良いと思います。

価値観は人によって違うので、合わない方は仕方ありません。

トレーニングの基本的な考え方にパフォーマンスピラミッドのお話を以前ブログに書きましたが、スポーツのスキルを上げる為には土台となる体作りがかなり重要です。

土台ができていないとスポーツスキルの技術的な練習ばかりしていても怪我のリスクは上がるしパフォーマンス力も上がりません。

皆さん筋トレの種目ばかり知りたがりますが、実は種目云々の前にもっと重要な事があります。

筋トレに行く前の段階のスタビリティ、モビリティ、ファンクショナル。

これらの意味は文字で理解できても、正しく動けているのか判断するのは素人には無理ですし、経験も必要です。

また、正しく動けない子に対して修正する技術や知識がなければ、成長期に入った頃にほとんどの子が怪我をします。

きちんと修正して、そこからトレーニングに入っていきますが、その下準備、段階を踏まずに筋トレをして近道するのは意味がなく、効果を出す事を考えたら外せない部分です。

その部分を知らない方が圧倒的に多いです。トレーナーでさえ知らない方も多いです。

呼吸で修正する方法、エクササイズで修正する方法、修正の為の手技など、方法は沢山あります。

この事を知らないトレーナーや親御さんが多いので(親御さんは知らなくて当然ですが)、自宅でストレートボディと同じトレーニングを真似しても意味がないのは、その大切な要素を知らずに筋トレだけしても意味がないからです。

知識も経験もあり、結果も出しているストレートボディでさえ、トップ選手になるまでに正しくトレーニングを行っても何年もかかります。スポーツってそんなものです。

 

知識も経験もない方が種目だけ真似して果たして効果が出るのか?

引退するまでに出たら良いのですが、、、というレベルです。

結局は教える人によって同じ事を教えても結果が違います。

「ストレートボディにくるまで色んなトレーニングに行きました。ストレートボディと同じトレーニングの種目もやった事がありますが、前のところではジャンプが跳べるようにならなかったけど、ここにきたらトリプルが跳べるようになりました。」

と言われる事も多いです。同じ種目でも素人対トレーナーではなく、同じトレーナーでも

効果が違うのは種目をこなす前段階が理解できていて修正する知識、技術があるかないかで全く違った結果になるのはその違いです。

 

 

Category

Archive

出張運動指導についてのご質問・ご相談など
お気軽にお問い合わせください お問い合わせ
Back top contact

Copyright © StraightBody All rights reserved.