straight body

フィギュアスケートに特化したトレーニング(ジャンプ力強化等)なら
ストレートボディにおまかせください(対応地域:東京、名古屋)

contact フィギュア専門トレーナー養成講座

ブログ

フィギュアスケートのジャンプの軸の作り方

YouTubeでフィギュアスケートのジャンプに軸が必要!というのを数回に渡って解説していますが、ハーネストレーニングが軸を作るのに有効です。

ストレートボディのハーネストレーニングに来て下さるのは初めての方が多いのですが、実は今までハーネストレーニングをやっていたけど全くジャンプが変わらないという方も来られることが多いです。

軸を作るハーネストレーニングにも段階があり、人によって次の段階、次のテクニックへ進むのも時間がかかる子、すぐにできる子と個人差がかなりあります。

真っ直ぐ跳び上がれない子、回転を保てない子、真ん中軸がなかなか直らない子、、、色々ありますが、そこを見極めて、どうやって修正して軸を作っていくのか、、、これはトレーナーの指導力次第でかなり効果が変わってきます。

私が常日頃トレーニングを素人がやっても全く効果が出ない。と言ってるのと同じで、ハーネストレーニングも軸の作り方を知らない人がただグルグル回していても、効果はないどころか、両足軸の子は両足軸で回る癖がついてしまったら、ますますジャンプが跳べなくなってしまいます。

目先の損得で考えるとハーネストレーニングは高いし、自分でハーネスを作って毎日子供を回してあげれば良いと思われると思います。

私もきちんとハーネストレーニングについて勉強するまではただ引っ張って回しておけば勝手にジャンプが跳べるようになるだろうと思っていました。

ハーネストレーニングをやっても効果が出ない方がストレートボディに来られるので、やっぱりそうなんだと実感する事が多いです。

ここで書いているハーネストレーニングはオフアイスハーネストレーニングで氷上のハーネスとは別の物です。

氷上でジャンプの感覚を掴むハーネストレーニングもまずはオフアイスハーネストレーニングで軸を作る事をきちんとしておかないと、ジャンプ習得にかなり年数がかかると思います。

ジャンプが3回転、4回転と回転数が増えれば増えるほど、軸がしっかりできていなければ回転速度も上がらない、着氷で回転不足になったり転倒してしまいます。

回転数が上がるとその分体幹も強くないといけないので、体幹トレーニングとハーネストレーニングを併用して、ジャンプの要となる軸をしっかり作っていきましょう!

 

 

Category

Archive

出張運動指導についてのご質問・ご相談など
お気軽にお問い合わせください お問い合わせ
Back top contact

Copyright © StraightBody All rights reserved.