straight body

フィギュアスケートに特化したトレーニング(ジャンプ力強化等)なら
ストレートボディにおまかせください(対応地域:東京、名古屋)

contact フィギュア専門トレーナー養成講座

ブログ

売上が上がらないのは200円のせい?!

スタジオの運営会社のテナント会議がありました。

そこで普段気になる事をオーナー達で話し合ったのですが、1人のオーナーが

「駐車料金が最初の20分は無料だったのに運営会社が変わってから入庫してすぐに料金がかかるようになった。そのせいで客足が減って売上に影響が出ているから元の制度に戻してほしい。」と言っていました。

でもその金額ってたったの200円です。

しかも1時間200円です。

200円かかるからこの店には行かないでおこうと思われたのなら企業努力が足りないだけだと思います。

売上が伸びない原因を他のせいにして自分に原因がある事に目を向けない。。。

先日2,000円のハンバーガーを食べに行ったら駐車料金が1,800円でした。滞在時間2時間足らずでしたが、、、

ハンバーガーとほぼ同じ駐車料金ですねー!とご一緒したママとビックリしましたが、美味しかったのでまた行きたいなと思っています。

スポーツでも同じ事ですよね。

結果が出ないのはコーチのせい、トレーナーのせい、治療のせい、、、(今まで1人もトップ選手を輩出した事がない先生に関しては分からないですが…)

いつもブログにこういう話を書いていますが、ピンとこない方は他の例えにしたら府に落ちるかなと思い、最近の出来事を書きました。

 

私はウィンウィンの関係じゃないと長く続かないと思っているので、駐車場にも利益を出してもらう事は必要だと思っています。

ボランティアではないですし、運営会社も利益を出す為に運営しているので、そこは利用する人やテナントも理解が必要です。

そもそも駐車場に収益がなければ運営してもらえないので、その方がお客様も困ります。

そして駐車料金制度が変わってから入口の渋滞もなくなり、時間が読めるようになったので良かったというお客様も多いので、私はそのままの制度で良いと話しました。

するとさっきのオーナーが「お宅は単価が高いからそんな事が言えるんだよ!誰が1個150円のものを200円の駐車料金払ってくるんだよ。」と怒っていました。

でも考え方によっては150円のものを10個買う人が1時間に10人来たらうちの単価なんて余裕で越えます。だから10個買う人を10人来てもらえる努力をすれば良いのに、、、と思います。

そのお店の取り扱いは食品なので10個買う事は現実的ですし、私は別の店ですがそこと同じ物を20個くらい買って冷凍してストックしているので、逆に1個だけ買う人っているのかな?と不思議に思いました。

本当に駐車料金のせいだけなら、広大な土地にお店を作れば良いと思います。

でも駐車料金のかかるテナントを選んだのですから、それでも買ってもらえる努力は必要です。うちもそうです。条件はテナント皆同じです。

これもスポーツに置き換えると、自分にできる努力はまだまだあるのに、周りのせいにして、周りをひがんでいても結果は変わりません。

 

安いから買いに来る人を対象にしているなら、もっと単価を下げて大量に買ってもらうようにするのも手です。

ですが人って安いから買いにくる人もいれば、価値を感じてお金を払う人もいます。

そのお店に価値を感じている方だったら200円の駐車料金が余分にかかるようになっても買いにきます。

私はそこと同じ商品で気に入ってるお店が県外の百貨店に入っているので、高速に乗って隣の県まで行き、駐車料金を支払って20個買いに行きます。

しかもレジはいつも並ばないといけないので1時間に何十人買いにきてるんでしょうか?

ストレートボディに来て下さるお客様は9割以上は県外のお客様です。

高速代、新幹線代、飛行機代を払って何時間もかけて県外、海外からトレーニングに来て下さいます。

トレーニング代も安くはないです。

安い!割引!セール!とは無縁ですが、通って下さっている方は価値を感じてきて下さっています。

本当にありがたい事です。

それに甘んじず私は生徒にとって良い物であれば設備投資も惜しまずやりますし、毎年スキルアップの為の研修も参加していますし、自分で良さそうと思うトレーニングがあればお金と時間と交通費もかけて習いに行きます。

だから駐車料金200円が余分にかかるから売上が伸びないと文句を言う事が信じられません。

スポーツもビジネスも何事にも言える事ですが、結果が出ないのは努力不足です。

その業界全体が売上が伸びなくて下火の業界でもないですし、業界自体の景気が悪かったとしても、売上が良いお店があるのも事実です。

沢山のお店ができて昔に比べたらお客様の舌も肥えて、見る目も養われているので、そこでどう戦っていくかは頭を使って失敗しても良いから試行錯誤していかないと残れないと思います。

現実維持は衰退でしかないので、初期投資がかかっても新メニューを開発したり、同じメニューでも材料を変えて味を良くする事もできますし、イベントを開催しても良いでしょうし、努力はどれだけでもできるはずです。

私が普段から生徒に伝えてる事と同じですよね。

結果が出ないのは努力が足りない。自分の頭で考えて、自分で色々試してみて、自分の成功パターンを見つけて下さい。

わからないことをすぐに人に聞かずにまず自分の頭で考えましょう。

質問が多い子は伸びません。頭で理解してからしか動こうとしない子はジャンプは上達しません。

頭で考えて動ける程、甘くはないです。

とにかく飛んで、沢山転んで、沢山失敗して、頭で考える。体も自然に身についてくるので、なるべく失敗しないように質問するのではなく、とにかくチャレンジするしかないんです。

それでも毎週質問してくる子はなんなんでしょう。

理解に苦しみます。

いつもは本人に考えさせるのですが、どうせまた来週も質問してくるのかなと思うと面倒くさくなるので、適当に返事をしてしまいます。

なんてひどい、、、って思われるかもしれませんが、何度言っても理解してくれないと教える方も気力がなくなります。

そしてそういう子にはきちんとアドバイスをしても結果が出ないんです。

転ぶから跳ばないでトレーニングで何とかしようとするのは間違っています。

トレーニングをしながらジャンプを必死に練習しなければ上達しません。

ジャンプが苦手な子は跳ぶ回数が圧倒的に少なすぎます。

泥くさい努力も必要です。それができない子は上達しないし、今現在結果も全く出てないと思います。

不思議な事に結果が出ない子はこんなに頑張っているのに結果が出ないんです!と頑張ってるアピールをしています。

でも、全然足りてません。

結果が出てる子はアピールはしないけど、人より努力しています。しかもこんなに頑張っているんだ!とは思わずに、それが当たり前だと思って日々やっています。

私はそれを見ているので、結果が出る子と出ない子の違いはこんなにも普段から違うんだなと感じるのでブログに書いています。

結果が出ないのは自分のせいです。

今回は別の業種で例えてみました。

 

 

 

 

Category

Archive

出張運動指導についてのご質問・ご相談など
お気軽にお問い合わせください お問い合わせ
Back top contact

Copyright © StraightBody All rights reserved.