straight body

フィギュアスケートに特化したトレーニング(ジャンプ力強化等)なら
ストレートボディにおまかせください(対応地域:東京、名古屋)

contact フィギュア専門トレーナー養成講座

ブログ

本音と建前

私は相談を受けてもズバッと本音を伝えてしまうので、キツイな、厳しいなと思われる事が多いです。

本当に相手の為を思うなら、改善策を伝えた方が良いと思うので、慰めたりその場しのぎの調子の良い事は言わないようにしています。

慰めたり、優しい言葉をかけるのは痛み止めと同じでその場しのぎで根本の治療とは違います。

根本の治療は痛みを伴います。キツイし辛いけど、本当の意味で原因を解決するには痛み止めではダメなんです。

「頑張っても頑張っても結果が出ないんです」と相談されても詳しく話を聞くと、まだまだ頑張れる要素がある子が100%です。

「頑張っても結果が出ないのは頑張りが足りないんです。」

こう話すとほとんどの人が怒ったり機嫌が悪くなります。

でも頑張るしかないんですよね。。。

一流のアスリートにどうして結果が出たんですか?と質問して「そんなに練習してないんですけど、魔法のようなトレーニング法があって、それをやったらすぐに結果が出ました」なんて話聞いた事ありません。

口を揃えて人より努力した話や、努力する事が当たり前に話される方もいます。

努力はつらいし、キツイし、面白くないかもしれません。毎日が楽しくてハッピーな事ばかりではありません。

それでも限られた練習時間でどのように沢山ジャンプを跳んで、集中して、練習に取り組むか頭で考えて行動しなければなりません。

ハーネストレーニングを1回やっただけでジャンプがいきなり跳べるようにはなりません。

みんな毎週ハーネストレーニングをして、うまくいかない時期があっても、どうしたらジャンプのクセが取れるか悩んで試行錯誤して、うまく回れなくてもやめずに毎週続けてやっと軸が取れるようになります。

 

上手に回れてる子を見ると、自分は1回で同じようにできてすぐにジャンプが跳べるようになる!と勘違いしてはいけません。

上手な子、結果を出してる子は人より努力しています。

そこまでしても手に入れたい結果があるのか?

あなたの目標はなんですか?

Category

Archive

出張運動指導についてのご質問・ご相談など
お気軽にお問い合わせください お問い合わせ
Back top contact

Copyright © StraightBody All rights reserved.