straight body

企業・スポーツ施設・アスリートのための出張トレーニングはストレートボディ 東京都全域、神奈川、千葉、埼玉の一部

contact

ブログ

反発は成長の過程

子供たちと格闘?!しながら20人以上のグループレッスンをしてきました。

このクラスを始めて5年目。

20人をこえると色んな子供がいるし

言う事を聞かない子も沢山います。

毎回声を枯らして、怒っています。

子供たちはみんなとても可愛いです。

嫌いな子なんて一人もいません。

本当は楽しくワイワイがやがややりたいけど

怒るのは子供のため。

強くなってほしいから。

結果を出してほしいから。

何かスポーツをしていて、そのためにトレーニングを

頑張っているのだから

怒ってでも、集中力のある、先生の話をきちんと聞けるように。

大きい子は小さい子の見本となり、リードしてくれるように。

小さい子はお兄さんお姉さん達のいいところを盗んで

真似して、どんどん成長してほしいです。

 

どれだけ怒っても、次の週にはまた同じ事していたり

何年言っても直らない子も多いですが

見捨てずに諦めずに接しています。

それは信じてついてきてくれているから。

だから私も根気よく怒っています。。。

 

普段はレッスンの見学ができないのですが

待合室まで私の怒鳴り声が聞こえているにも関わらず

「いつもありがとうございます」と必ず挨拶してくださる方

「先生の言う事ちゃんと聞きなさい!」と子供を叱ってくださる方

ストレッチ動画を親子で頑張ろうとしてくださる方

信じて預けて頂きありがとうございます。

 

前にブログで書きましたが、

信頼関係すら築けない子にはやめてもらったことがあると書きましたが

私の言う事を聞かなければやめてもらうとは違うので誤解しないでください。

そんなに心は狭くありません。。。

それは本当に稀な事です。

 

 

トレーニングに関しては私の方が保護者の方、生徒よりも少し先輩です。

勉強もしてきているし、沢山の人数を10年指導してきています。

もし、私より経験も知識も多かったらトレーニングに関して

文句を言ってもいいと思いますが

そうでなければ、まずは言われた事をその通りやってみることが近道だと思います。

「自分なりに」というのが一番成長を妨げます。

言われた通りにやってみたけど、

疑問に思うこと、質問などして頂ければ

きちんとお答えしますし、教えます。

でも、やる前から

「でも、だって、自分はこう思います。自分はこうだからできません。」

その時点で成長は止まります。

成長する過程で反発心は出てきます。

今まで自分が自分の居心地の良い安全地帯にいたのに

成長するためには、変化が必要です。

私がその子の安全地帯ではない事を言うと

拒否反応が出ます。

それは本人の成長過程ですが

ここで拒絶して成長できなかった子。

すごく気持ち悪くて違和感があるけど

先生が言うならと

受け入れてとりあえずやってみる子。

しっくりこなくてもそれを受け入れてやってみることができたら

成長です。

すごーくざっくりすぎますが

潜在意識の自己安定プログラムの変化の時です。

(ざっくりしすぎてますが・・・)

反抗は成長の過程です。

 

 

ちなみに私が学生の頃は部活の顧問に反抗はできませんでした。

すごく怖かったし、反発したら嫌われてレギュラーから外されるかもしれないし

とにかく自分が疑問に思うことよりも、先生に言われた通りに一生懸命頑張りました。

一度だけ反発したことがあります。

それは3年生の最後の試合。

私はキャプテンでレギュラーだったので試合にはいつも出ていました。

でもレギュラーは部員60人の中からたったの5人しか出れません。

途中でレギュラーは無理だと思って諦めてやめていく子も沢山いました。

諦めてるけど籍は置いてあり、練習に来ない子も沢山いました。

その中でも腐らずに毎日3年間頑張って練習に来ていて

最後の試合は個人戦は3年生の出席している子を出すと言っていたのに

先生が急に2年生の次のエース候補の後輩達に経験を積ませたいから

レギュラーじゃない3年生は出さないと言われたそうです。

私はそれを知らなくて、泣きながら3年間頑張ってきたレギュラーじゃない子達が

私に相談に来ました。

先生に文句を言うなんて嫌われたらどうしよう。

怒られたらどうしよう。

でも、何の為のキャプテンなんだ。と言い聞かせて

顧問の先生に直談判しました。

「レギュラーになれないと分かっていても、

最後の試合のために毎日頑張って練習してきたのに

思い出も作らせてくれないんですか?

後輩にはあと一年沢山試合に出る機会はあるのに

1度もチャンスがもらえないのなら

何のためにこの子達は練習してきたんですか?

個人戦は負けても学校の名に傷は付かないし

次の大会に出れるのはベスト8まで。

ほとんど私の学校が独占していたので

その子たちが負けても次の大会に進むのは

ほとんどが私の学校のレギュラーの子なので

問題ないはず。

頑張ってきたことが報われる経験をさせてください。

3年間頑張ってきたのに、試合すら出れなかったら

頑張る事すら諦めてしまいます。」

顧問の先生は全く怒らずに

「そうだな。3年生を出してあげよう」と快諾してくれました。

嬉し涙を流しながら何度もありがとう!って友達から言われた事は

今でも忘れずに鮮明に覚えています。

その時に、自分の為だけに得になるようなことって

何一つ覚えていないけど

相手の為に何かをしてあげて、

心から喜んでもらえた経験は

何十年経っても忘れないので

他人に表彰台は譲らなくていいけど

小さな事でもいいので

誰かに何かをしてあげれる思いやりがある子になって欲しいです。

 

 

スポーツって別にオリンピックに出ることだけが全てじゃないし

スポーツを通して頑張る事の大切さ、仲間への思いやり

先生や目上の人への接し方は社会へ出た時にも役立ちます。

私の生徒にはオリンピックを目指している子から

元から将来の職業は別のことを目指している子もいます。

でもそれでいいんです。

一人一人の目標に合ったゴールから逆算して

何をすべきかは個人によって違います。

 

実は私のその時の顧問は今の私のゴルフスクールの先生で

今でも先生と生徒の関係は続いています。

あの時の信頼関係があったからこそ、何十年経ってもすぐ昔に戻れます。

ちなみに今でも先生から受けた指導に関しては

全てはい!と言って、試して打っています。

 

私は優等生でもなかったし、人としてもすごく未熟だったし

それでも見捨てずに先生が育ててくれたおかげで

非行に走らずに済んだと思っています。笑

両親もちゃんと育ててくれたけど、周りの大人がいい方が多くて

沢山の人に育てて頂きました。

だから私も子供達の人生に少しでも関わる機会があるなら

たとえ嫌われ役になろうとも、子供達にとって良い指導ができるように

心がけています。

子供達の指導は大変ですが、キラキラした目で一生懸命頑張っているので

私も頑張り甲斐があります。

可愛い可愛い生徒達。

みんないい方向へ行って欲しい。

心からそう願っています。

Category

Archive

出張運動指導についてのご質問・ご相談など
お気軽にお問い合わせください お問い合わせ
Back top contact

Copyright © StraightBody All rights reserved.